小谷博子准教授

小谷博子 プロフィール

2001年3月、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、博士(医学)を取得。同 大客員研究員を経て、東京電機大学超電導応用研究所(現・先端工学研究所)助手、日本学術振興会特別研究員を経て、東京未来大学こども心理学部准教授。
育児工学者として様々な親子との出会いや自身の育児経験をもとに、出産による女性の 脳機能の変化について研究中。第19回ライフサポート学会奨励賞はじめ、多くの論文・ 学会にて数々の賞を受賞。
現在、東京未来大学こども心理学部准教授に、「脳科学」や「生理心理学」「障害児心理学」の講義を担当。千葉県印西市次世代育成支援対策地域協議会委員も務める。
著書に「30才からのオメデタトレーニング」(新紀元社)、「出産で女性は賢くなる」(ごま書房)や「私が一番輝くときー自然なお産にチャレンジ!」」(医学映像教育センター)などがある。
1971年東京都出身。一男一女の母

小谷博子 研究歴

平成12年4月1日 日本学術振興会・特別研究員 (DC2)

平成13年3月29日 東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻 博士課程修了

平成13年4月1日 日本学術振興会・特別研究員 (PD)

平成14年4月1日 東京大学医学部・客員研究員

平成14年11月1日 東京電機大学超電導応用研究所・助手

平成15年4月1日 日本学術振興会・特別研究員 (PD)

平成19年6月1日 東京電機大学 先端工学研究所 研究員

平成20年4月1日 日本学術振興会・特別研究員 (RPD)

平成23年4月1日 東京電機大学 先端工学研究所 研究員

平成24年4月1日 東京未来大学こども心理学部 准教授

現在に至る

小谷博子 受賞歴

1: 第17回生体生理工学シンポジウム学術奨励賞 2002.9.10.
2: 平成13年度 日本応用磁気学会学術奨励賞(武井賞)2001.9.26.
3: 第15回 日本生体磁気学会奨励賞      2000.5.27.
4: 平成11年度 電気学会A部門研究会 優秀論文賞 2000.4.1
5: 国際学会学術賞受賞  Second International Congress of Legal Medicine,Toxicology and Forensic Sciences, 1994.12.15.
6: 東京大学大学院 学位授与式 医学系研究科 総代 2001.3.29
7: 第19回 ライフサポート学会 バリアーフリー開発財団 奨励賞 2003.5.16

学位

2001年3月29日 博士(医学)東京大学大学院
論文題目: 「Study on the effects of magnetic fields on bone Formation in mice」
(日本語訳:骨形成に対する磁場の効果に関する研究)

所属学会

日本乳幼児精神保健学会
日本誕生学協会 (顧問)
日本生体磁気学会
ページの先頭に戻る